読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傷つけたいのは誰の心

今何を語るかと言ったら峯岸みなみを置いて他にないだろう。
EXILEの下部組織・GENERATIONSの構成員・白濱亜嵐の自宅に峯岸がお泊りした現場を週刊誌に撮られたことから始まる。お泊りしたとなれば二人は恋仲にあると連想するのが下衆の摂理で、峯岸はAKB48鉄の掟「恋愛禁止」(秋元康は最近になって否定しているが何だかなぁ)を破ったわけだから、すわ卒業か左遷かはたまた東京マラソンかと周囲が色めき立った矢先に突然の坊主である。発覚から驚く間もなく丸刈り姿で号泣し今回の騒動を謝罪する映像がYouTubeの公式チャンネルにアップされたのだ。唐突に現れた「お前誰だよ」なICONIQですら衝撃を受けたのに、昨日までロングヘアーをなびかせ歌い踊っていたアイドルの丸刈り坊主のインパクトたるや。しかも自らの意思でやったという。
これを契機にメディア、ネットでは議論が白熱し、恋愛禁止の是非やAKB48のシステムの問題、アイドルという存在、更にはいじめや体罰、飛龍革命まで論じ始める始末。炎上は止まることを知らない。


…とここまで書いて、「遅いよ」と思った人は何人いるだろうか。
恐らくだが、この話題を“楽しんだ”人の多くはこの場から去っている。残っていても今はあの坊主が「やらせ」かどうかに興味が移っているだろう。いやもう次の標的は柏木由紀か。


私はアイドルは恋愛禁止でいいと思っているから、別段峯岸を擁護するつもりはないし、坊主の是非について論じる気もない。
ただ私が問題にしたいのは、この“報道”というものが“誰のために”されたかということだ。
当然本人が望むはずもないし、ファンが知りたいわけもない。マスメディアたる雑誌社が一アイドルグループの規則違反を社会正義の名のもとに断罪しようとでもしたのだろうか。
いや、知る権利を行使しプライベートに闖入するこの報道は、今やこの話題に飽きてしまった多くの人たちのためにされたのだ。AKB48(とGENERATIONS)のことが好きでもなくましてや嫌いでもない、大して興味はないけど知ってるわ、くらいの大勢の人間の暇つぶしのために。
そして当人たちを非難し、そのファンに冷や水を浴びせ掛ける。「これが現実だよ」と。
こういう報道を見るにつけ、当人たちだけでなくその先にいるファンまでも傷つけようという嗜虐の匂いを感じて鼻がつんとなる。
それが現実だからと言って「ドラえもんはいないよ」なんてわざわざ言うのか。ミッキーマウスの中身はおじさんですか。マジックにはタネがありますか。どうせ八百長ですか。この後スタッフが美味しく食べましたか。
…まぁ最後のはちょっと違う気もするが要するに“無粋”ってことだ。
正論をしたり顔で言って、自分は現実を知っていると優越感に浸りたいのか。その現実は皆が知っているけど言ったらつまらないから言わないだけなのかもしれないのに。


ちなみに私はももクロのファンだが、ももクロの誰かが恋愛をしたところで応援し続けると思う。
しかし、そんな疑似恋愛とかけ離れた存在であっても、アイドルにとって恋愛報道とそれに付随する所謂世間の声というものはノイズでしかないから出来るだけ排除したい。
大多数の「ちょっと楽しい」のために少数の「すごく楽しい」が踏み付けにされるのならば、そんな情報いらない。


これもまた独り善がりの勝手な意見で、いずれブーメランとなり自分に突き刺さってくるかもしれない。
それでもこういう報道についてはただ一言言っておく。
「うるせえよ」。