読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファン世界の中と外

過日、『GIRLS' FACTORY』という音楽番組の観覧に当選し、参加してきた。


会場はライブハウスのようなつくりで、オールスタンディングの観客約1,000人で埋め尽くされた。
当日の出演者は、スカートの中、ユナイテッドモンモンサン、家入レオ乃木坂46南波志帆ももいろクローバーZ、水樹奈々(登場順)。
当然のことながら私の目的はももクロ一択で、同様に会場は一目でそれと分かるモノノフ(※ももクロのファン)で溢れていた。


収録はMCである渡辺麻友の歌から始まり、ライブのような盛り上がりがありつつも比較的行儀よく進んでいった。
しかし、ももクロの登場直前から会場の空気は一変した。人の波が大きくうねりステージ前に大量のモノノフ達が雪崩れ込んでいった。やがてサイリウムが輝き出し、メンバーの名前を呼ぶ声が轟いた。
そこからはさながらももクロ単独ライブの様相を呈し、7曲に及び彼女たちの歌声とモノノフ達のコールで会場が支配された。私もサイリウムこそ持って行かなかったものの他のモノノフと同様に声を荒げ、その狂騒の渦中に参加していた。そして相も変わらぬ楽しさを全身に感じた。


ももクロが走り去っていった後、ステージのセッティングを挟んで水樹奈々が登場した。するとモノノフと同数かそれ以上の水樹奈々ファンが大移動し、ステージは大量のサイリウムに照らされ、彼女への声援が響きわたった。会場で聞いた「(水樹)奈々ファンは跳ねるからねー」という言葉どおり会場は揺れ熱狂に包まれた。


自分がついさっき体感したはずの狂騒が目の前で繰り広げられていた。


それを見たときに、非常に申し訳ないのだが、少し異常に感じた。いや異常というよりは「よくわからない」。
そこですこし冷静になり考えてみた。自分もその「よくわからない」世界に身を置いているということを。
ファンで埋め尽くされた世界は居心地がよい。その中にいれば約束された喜びがある。
一方で蚊帳の外から見ればそこはまったくの異世界だ。その熱狂の正体など知る由もない。
逆説的だが他者から見ればわからないからこその愉悦というのもあるのかもしれない。


しかし、その中と外の境がなくなるほどの求心力をもったとき、世間的に「売れた」ということになるのだろう。
AKB48がファン世界と世間との壁を壊したように。
果たしてそのきっかけがどこにあるのか分からないが。


ももクロは今はまだファン世界が拡大しているだけの印象だが、いつかその閉塞されたユートピアが瓦解するときが来るのだろう。
そのときにはまた一段面白いものが見られるかもしれない。はたまた世間に取り込まれてしまうかもしれない。
楽しみであり不安であるが、その行く末を見届けよう。


<余談>
もっと大変なのは、モノノフと水樹奈々ファンが埋め尽くすアウェイな状況で歌っていたその他の出演者なんだよな。
その中で、スカートの中というガールズバンドが、女子ながら童貞臭のする、いい具合にこじらせた方々だった。
登場するや「アイドルを見に来たのにすみません」だの、会場からの声援(というか野次?)には「黙ってうちらの歌を聴いてください」だの、終いには「アイドル好きの皆さん、また機会があったらライブに来てください。まぁアイドル好きの方とは会いたくないですけど」と言い捨て、まぁ最高にひどくて面白かった。
で、MCとのトーク(観覧者は見られないので、MCからの伝聞)では、AKB48のダンスが完璧に踊れる、というオチまでつけていた。